お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話で言った・言わないのトラブルを少なくするには

電話で言った・言わないのトラブルを少なくするには

電話でのやり取りは、文章に残らないので
時に「言った、言わない」のトラブルになってしまう事があります。
メモを取ろうとしていても、常にメモを取れる状態にないこともありますし、
すぐに対応しなければならない内容に慌てて対応をすることもあると思います。

電話でのやり取りでよく発生するトラブルは、
伝えたつもりの用件がきちんと伝わってなかったり、
やり取りした内容の認識にズレがあったケースです。
例えば「16時に待ち合わせ」と伝えたつもりでも、単純な聞き間違いで
相手には「6時(18時)に」と聞こえてしまう場合があります。
そういったことで、電話がトラウマになってしまうケースもあるそうです。

そんな言った・言わないを防ぐために私がやっているのは、
電話の後に内容の確認を再度メールで送るということです。
「先程は電話にてお時間をいただきありがとうございました」から始まり、
日時や用件を再度確認の意味を込めてメールを送信すれば
言った・言わないや聞き間違いのトラブルをなくすことができます。
たったこれだけでもトラブルを未然に防ぐことにつながりますので、
もし電話の行き違いに関するトラブルに悩んでいる人は
この方法を試してみてはいかがでしょうか?

« 人見知りを克服すると電話応対の質もあがります。 | メイン | 電話では口を大きく開けて発声してみましょう »