お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話では口を大きく開けて発声してみましょう

電話では口を大きく開けて発声してみましょう

お客様と電話でお話をしている時に
「ごめんなさい、電話の調子が悪いみたいで、もう一度お願いできますか?」
と言われてしまったことはありませんか?

電話での会話のリズムを作り出すためには、
相手に何度も質問させてしまうのは良くないことです。
もう一度説明が必要になり、会話が一度途切れてしまいます。
これを何度も繰り返しているとお客様からの印象が悪くなりますし、
お互いがストレスに感じてしまうと思います。

声の大きさについては人によってそれぞれ声量に違いがあるので、
仕方がない部分もあるのですが、声が小さいのは仕方がないと思っていると、
お客様にとって聞き取りにくい電話対応のまま改善されなくなってしまいます。
どんなに丁寧で誠実な対応をしていても聞こえなければ意味がないと思います。

声が小さい人の多くは口をあまり動かさずに話している場合があります。
声が大きい人やはっきりとしている人は、自然と口を大きく動かすことができているので、
母音もしっかりとして聞き取りやすい滑舌のいい話し方になるのです。

お客様から何度か聞き直された経験がある人は、自分の声が小さいのか
先輩などに確認してもらうとよいかもしれません。
そのうえで、相手に伝わりやすいように口を大きく開けて話すように
話し方を変えていくことが大切だと思いました。

« 電話で言った・言わないのトラブルを少なくするには | メイン | 電話をかける前にメールで連絡した方がよいときもあります。 »