お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>お電話の相手の声が聞こえなくても丁寧に対応しましょう

お電話の相手の声が聞こえなくても丁寧に対応しましょう

会社に無言電話がかかってきた時、どんな対応をしていますか?
会社によってもともと対応方法が決まっている場合もあれば、
電話に出た人によって対応方法が違う、という事もあるかと思います。

電話対応をしていると、こちらが何を言っても何も返事がこない、
いわゆる無言電話を取ってしまう事もあります。
無言電話がかかってきた時、腹立たしい気持ちになることもあるかもしれません。
ただ、無言電話にもいろいろあって、もしかしたら電話機の不具合や
電波の関係でお互いの声が届いていない可能性も考えられます。
それなのに失礼な対応をしてしまうと、
後々大きな問題になってしまうこともありますので、
相手の声が聞こえない、反応が無い電話でも丁寧な対応が必要だと思います。

相手の声がこちらに聞こえないときでも、
「お電話が遠いようですが」と相手の声が聞こえていないことを伝えた上で、
「大変申し訳ございませんが、お電話が遠いようなので、一度電話を切らせていただきます」
と伝えるようにします。

無言電話であっても「もしもし」と何度も声がけをしたり、
汚い言葉を使った対応は絶対にするべきではないと思います。
電話を切るときも最後まで丁寧な対応をするなど、
お客様かもしれない相手に対して敬意を示すような話し方をすることが大切です。

無言電話がかかってくると、どうしても嫌な気持ちになってしまうかもしれませんが、
相手がわからない以上、対応には十分に注意したいものだと感じました。



« 電話対応での敬称のつけ方はいつもとは少し違うことがあります。 | メイン | 電話を受けた時は、相手のお話を聞く事を優先しましょう。 »