お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話を受けた時は、相手のお話を聞く事を優先しましょう。

電話を受けた時は、相手のお話を聞く事を優先しましょう。

電話に慣れてくるとつい忘れてしまうのですが
電話は話す、聞くの会話のキャッチボールで成り立っているという事です。
そして、基本的に電話で話をするのは立場など関係なく、
電話をかけた方が優先、という鉄板のルールもです。

時には電話を受けた側なのに、つい話しこんで本題から離れてしまい、
結局、相手がどういった用件で電話をしてきたのかわからなくなってしまう事があります。
これは相手のことを考えた電話対応ができていない証拠でもあります。
本来電話を受けた側は、相手のお話を聞く側に回らなければいけないのですが、
相手がどんな用件でかけてきたのかを追いやってしまう、
いわゆる「会話を盗んでしまっている」可能性があります。

電話で話していると、つい自分の意見を述べてしまいたくなることがあります。
しかし、自分の価値観を前に出しすぎると、ひとりよがりの電話になってしまいます。
友達との会話であれば構いませんが、相手がお客様の場合は、そうはいきません。
電話は「聞き上手になること」で相手が話したい内容を聞き出すことが、
重要であることを忘れないようにしたいと思います。

私もついつい話に口を挟んでしまいたい時がありますが、
電話の時はまずは相手のお話を聞くことに集中して対応したいと思いました。


« お電話の相手の声が聞こえなくても丁寧に対応しましょう | メイン | 取引先に電話でお願いをする時は »