お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話を保留にする時は、必ず保留ボタンを確認しましょう。

電話を保留にする時は、必ず保留ボタンを確認しましょう。

電話で丁寧な対応を心掛けているつもりであっても、
誰かに電話を取り次ぐ時や確認するときに保留ボタンを押すのを忘れてしまい、
やりとりがお客様にだだ漏れになってしまった経験はありませんか。
ついやってしまうミスでもあるのですが、
電話対応において保留ボタンはとても重要なものだと感じています。

例えば電話の時はワントーン上げて明るい口調で話をすることが多いと思いますが、
保留にしたつもりで保留ボタンを押すのを忘れているのに気がつかず、
地声で「◯◯さん宛に△の××さんからお電話でーす」という声や、
「◯◯さんは?」「お昼に行きましたよ。」
なんて会話がお客様に聞こえてしまうことがあるのです。
実際、私が電話をかけていてこんなやりとりを電話越しに聞いてしまい、
すごく気まずい気持ちになってしまったこともあります。

保留ボタンを押していたつもりであっても、押せていなかったなんてこともありますので、
保留にして担当者に電話をつなぐ時は、必ず電話の受話器を耳にあてて
保留になっているのか確認した上で担当者に電話をつなぐようにします。
1回のミスが電話の印象を変えてしまうこともあるので、
十分に注意した上で対応したいと思います。

もちろん保留でお客様を長く待たせてしまうことがないように注意したいです。

« 電話はなるべくたらい回しにはしないようにしましょう。 | メイン | お客様の電話は必ず復唱しましょう »