お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>相手に折り返しのお電話をいただくときは

相手に折り返しのお電話をいただくときは

電話をかけたとき、運悪く相手が離席中でその場におらず、
再度電話をかけ直すこともすくなありません。
ちょうどのタイミングで電話ができ、お客様とお話できるのが一番ですが
いつかかってくるかわからない電話ですから、
ずっと自分がその場にいるとも限りませんよね。

基本的に親しい間柄の相手であれば
折り返しの電話をお願いしてもいいと言われています。
折り返しの連絡を頼むのはなんだか気が引けてしまうな、
と思っている人もいるかもしれませんが、
相手のタイミングで折り返してもらえる分、
相手の負担を少なくできる方法でもあるのです。

電話をかけたときに、何度かけても担当者が不在の場合は
相手の方から「戻り次第、こちらからお電話させましょうか?」
と言ってくださる場合もあります。
そんな時は用件の内容にもよりますが
「お言葉に甘えてお願いしてもよろしいでしょうか」
と用件を伝えるようにしてみてください。
どうしても自分から電話をかけなければいけない場合は、
「いえ、こちらから折り返しご連絡させていただきます」と伝えます。

電話対応は臨機応変さも求められます。
マニュアルも重要ですがその状況に合った
適切な対応ができるようにしていきたいものですね。

« お客様が自社名を省略されて伝えられたときは | メイン | 緊張をほぐすにはストレッチをしてみましょう。 »