お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話でお客様にお願いをするときは「差し支えなければ」を使いましょう

電話でお客様にお願いをするときは「差し支えなければ」を使いましょう

電話でお客様に何かお願い事をするときに「差し支えなければ」を使うことがあります。
私生活など日常生活ではなかなか使うことがない言葉ではありますが、
ビジネスでは何かと使い勝手が良いので使う頻度が高いかもしれません。
「差し支えなければ」とは、「不都合でなければ」という意味のある言葉です。

電話だと「差し支えなければ、お名前を教えていただいてもよろしいでしょうか」など
お客様にお願いしたり、質問するときに使います。
相手の都合を尊重しつつ、確認したいときに使えるクッション言葉でもあります。
文頭に入れることで相手に対して丁寧な印象を与えることもできますね。
ただ、「差し支えなければ」を何度も使ってしまうとくどい印象になってしまいます。

そんなときは「差し障りなければ」などの類義語を使ってもいいと思います。
クッション言葉もその正しい使い方や意味を理解して使うからこそ、
相手にも伝わりやすくなりますし言葉が生きてくるのだと感じます。

電話でお客様に何かお願いごとをするとき、「差し支えなければ」を使い、
丁寧な印象で会話ができるように正しく使っていきたいです。
電話対応では、頻繁に使うクッション言葉を電話横にメモとして残しておくと、
いざというときに落ち着いた対応もできます。

« 電話を上達させるには会話に慣れる事が大切です | メイン | 取引先に興味を持って話すようにしてみましょう »