お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>取引先に興味を持って話すようにしてみましょう

取引先に興味を持って話すようにしてみましょう

電話で取引先のお客様と何度もお話をしていても
「取引先の名前が覚えられない...」と感じている人もいるかもしれません。
電話をするたびに担当者が違ったり、取引先の数が多すぎて覚えられないケースもありますが
大抵の場合は、取引先の担当者に興味を持って会話ができていないことに原因があったりします。

事務的な対応になってしまい、電話口の相手がどんな人で何を伝えようとしてるのかを
考えられないといつまでたってもお客様の名前を覚えられなくなってしまいます。
電話対応を始めたばかりの新人であれば、失礼のないように話すのに
手一杯になってしまうのもわかるのですが...。

電話対応に慣れていてお客様の名前が覚えられないのであれば、
お客様に興味を持って話すことを心がけてもいいのではないかと思います。
顔を見ないで会話をする分、名前を覚えなくても会話は成立してしまいます。
でもお客様だって自分の名前を呼ばれたとしたら嬉しくなりますよね。
積極的にお客様の名前を呼ぶことで
「当事者意識」を高めたり「特別感」を伝えることもできます。

電話でお客様の名前を覚えると「あ、またお電話をいただけた」とやりがいを感じたり、
電話対応が楽しいと感じるようになるかもしれません。

« お客様のご要望に答えられないときは「いたしかねます」を使いましょう。 | メイン | 電話対応は相手のお話をしっかり聞くことが重要です。 »