お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話対応では語尾を伸ばさないようにしましょう

電話対応では語尾を伸ばさないようにしましょう

電話対応をしていると思うのですが、ちょっとした言葉遣いや言動で
相手に対して不快な気持ちにさせてしまう残念な人が意外と多いなと感じます。
無意識なケースが多いので本人はしっかりとお客様対応ができていると思っています。
そのため余計に気付けないのかなと思っています。

例えば話の語尾を伸ばす人は、私生活ではビジネスでは絶対にNGです。
「そうなんですか~」「そうなんですね~」「さようでございますか~」など、
1回の電話でこの回数が増えれば増えるほど印象が悪くなります。
幼稚な言葉遣いのように聞こえてしまい、
なかには小馬鹿にされているような感情を覚えることも。

また、何か相談や問い合わせの電話をしたときに、
過剰な同情心を込めた話し方をするのも正しい対応ではないかなと感じます。
例えば「スマホのボタンを押しても反応しなくて...」と電話したときに
「それはそれは大変でしたね」と過剰な言葉で伝えたり、
悲しそうな気持ちをめいいっぱい込めた電話対応は違いますよね。

お客様が知りたいのはボタンを改善するための方法です。
お客様が何の為に電話をしているのか、
それがわかっていれば語尾を伸ばしたり
感情の入れ方を間違えた対応にはならないと思います。

« 折返しの電話のマナーは把握しておきましょう | メイン | 複雑な内容を質問したい時は電話の前にメールをしましょう。 »