お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>お客様からの電話が長くなる人とならない人の違い

お客様からの電話が長くなる人とならない人の違い

電話でお客様の対応をするときに、
担当者によって毎回長電話になってしまう人もいれば、
短時間で電話が終わる人もいます。
もともと何度も顔を合わせていたり、リピーターのお客様などで
話す機会が多いと長くなる傾向にありますが、
初回でも長くなる人にはどんな違いがあるのか、一度考えたみたことがありました。

実際に私がお客様側になって、問い合わせをしたときのことです。
仕事柄、あまり長話になると迷惑かも?と考えてしまい、
日頃から問い合わせなどで長電話になることがないように気を付けています。
そんな私がつい、長電話になってしまったことがあります。

その方は、とても物腰が柔らかい話し方をする方で、
親身になってお話してくださっているのが電話口からも伝わってきました。
「なにかお困りのことはございますか?」
「なにかお役に立てることがあればなんでもおっしゃてくださいね」など、
必ず聞いてくださるので、つい、以前から疑問に思っていた
余計な質問までしてしまいました。

もちろん、仕事で長電話をしなくてはいけないわけではありません。
でもお客様がもっと話したいな思えるような話し方や、
気遣いが自然とできている人だと電話での話が盛り上がりやすく、
話が自然とつながっていくのだなと感じました。

« 電話で声が震えてしまうときの対処法とは | メイン | お昼時にお客様に電話をかけるのは避けましょう。 »