お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>お昼時にお客様に電話をかけるのは避けましょう。

お昼時にお客様に電話をかけるのは避けましょう。

お客様に電話を発信したり、折返しの電話をするときに
「時間」はとても大切なことだと思います。
電話でお話する内容や話し方、伝え方など
注意しなくてはいけない点もたくさんありますが、
電話をかける時間によっても印象が全く変わってしまいます。

なかでも電話をかける時に絶対に避けなくてはいけないのが「お昼の時間」です。
午前中の仕事が終わりほっと一息ついて食事につく時間に電話をかけるのは
お客様に迷惑がかかってしまいます。
午前中、忙しくてやっと腰をつけて座れたなんて人もいるかもしれません。

もし、どうしても急ぎですぐに折返しが必要なケースであれば仕方ありませんが、
緊急性のない電話の場合は午後の始業後でも十分に間に合います。
お昼の時間にかけてもパソコンを切っていてすぐに確認できないこともあります。
ご飯を食べていて席を外していることもありますよね。

お昼の時間に電話をかけるのはマナーとしてもできるだけ避ける必要があります。
もしお昼前のギリギリの時間にかかってきて折返しが必要なときは、
「午後1時過ぎにお電話してもよろしいでしょうか?」などと伝えておくと、
相手にとっても折り返しの時間に迷う心配もなくなります。

ちょっとした気遣いがいかに大切なのかを実感しました。

« お客様からの電話が長くなる人とならない人の違い | メイン | 話の流れを変えたいときはクッション言葉を使いましょう »