お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額840円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>話の流れを変えたいときはクッション言葉を使いましょう

話の流れを変えたいときはクッション言葉を使いましょう

電話でよく使うクッション言葉は、内容をやんわりと相手に伝えたいとき、
話の内容に強弱をつけたいときなど、さまざまな場面で使える便利なフレーズです。
私もお客様に何かお伝えしなくてはいけないときなど、
クッション言葉を使って伝えることもあります。

例えば「今までの話を変えて質問したいとき」にも
クッション言葉はとても便利です。
クッション言葉を使わずに、いきなり話を変えてしまうと
結局何を伝えたいのかがわかりにくくなってしまい、
必要な内容が伝わらなくなってしまいます。

クッション言葉を入れて話の内容が変わるとわかれば、
お客様にとっても気持ちのワンクッションになりますね。
話を変えて質問するときは「お尋ねしたいのですが...」
もしくは「つかぬことをお聞きしますが...」と切り出すようにすると、
お客様に対しても失礼になりません。

「つかぬこと」とは、これまでの話の流れとは関係のないことだったり、
「つまらないことを尋ねますが」などのニュアンスで使われる言葉です。
もし話の内容を変えて質問したいときなどは、
クッション言葉として使うと電話での印象も変わります。

電話では焦らずにひとつひとつの言葉の意味も考えながら
対応していきたいと思います。

« お昼時にお客様に電話をかけるのは避けましょう。 | メイン | 電話では情報を曖昧にしないようにしましょう。 »