お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話では話している声にかぶらないように注意しましょう。

電話では話している声にかぶらないように注意しましょう。

クレームの電話対応など、焦っているときについついやってしまいがちなのが
「相手の声に自分の声をかぶせてしまう」ことです。
ただでさえ、クレームでお客様のなかには感情が高ぶっている人もいるのに、
声をかぶせてしまうことによって余計に怒らせてしまうこともあります。
とばっちりを受ける事態が収拾つかなくなってしまうこともあります。

わざと声をかぶせたわけではないのに、
焦っていると冷静な判断ができなくなってしまう人もいます。
そんなときはまずは相手の話を全部聞くこと、相手が話し終わってから
こちらの質問事項や聞きたいこと、確認したいことを
お客様にお話するようにします。
話の途中で割り込んで質問するのではなく、お客様のお話が終わってから
意見を述べるに徹底するだけでも大分変わります。

また、それでも割り込んでしまいがちな人の場合は、なにか伝えたいことが出てきたら、
深呼吸して間をあける練習をしておいてもいいかもしれません。
「あ、今は話すタイミングではないな」と冷静に判断して、対応ができるようになります。

電話対応ではどんなときも焦らないように、どうしたらいいのか?
そのための対策をしっかりと考え対策をしていくのも
大切なことなのではないかなと思いました。
お客様の話は最後まで一言も漏らさずに聞けるようにしましょう。

« 電話対応では挨拶はしっかりハキハキ話しましょう。 | メイン | ですが、しかしなどの否定的な言葉は使わないようにしましょう。 »