お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>キーボードフィンガーという症状があるそうです

キーボードフィンガーという症状があるそうです

最近では、趣味などだけではなく職場でもパソコンを
使用することが多くなり、パソコンが手放せないという方も
多いのではないかと思います。
私も普段から仕事でもそれ以外でもパソコンをかなり使うので
欠かせないものになってしまっています。

何かと便利なパソコンですが、使っているときの姿勢などが影響し
ストレートネックになってしまう、ということはご存知の方も
多いと思います。
しかし、ストレートネック以外にも気をつけなければならない症状が
あるのだそうです。

それは「キーボードフィンガー」という症状なのだそうで、
原因のうちの一つとして挙げられるのが「キーボードの叩き過ぎ」なのだとか。
症状としては指先から手首にかけての痛みや、腕にかけてのしびれなどが
あるのだそうで、ひどくなると指が痛くて曲がらなくなってしまう場合も
あるのだといいます。

「キーボードフィンガー」とは長時間同じ姿勢で同じ筋肉を酷使することで
反復運動過多損傷という状態が生じてしまい、手指の筋・筋膜の癒着や
腱鞘炎が生じている状態を指すのだそうです。
悪化してしまうと指の関節が変形してしまうなどの可能性もあるそうで、
早い段階でのケアが必要になるのだそうです。

キーボードフィンガーはパソコンを使うときの姿勢と、キーを叩くときの
「クセ」によって生じやすくなってしまうのだそうです。
特に、キーボードに手を置いた際に手首を上に反らした状態でキーを打つ
クセがある人は注意が必要だといいます。
手首の下にタオルを敷くなどしてできるだけ手首が反らない状態にした方が
良いのだとか。

それでも痛みやしびれを感じた場合には、患部を冷やしたり手首を軽く上下に
動かしながら手首からひじにかけての筋肉をマッサージするのも効果的だといいます。

しかし、症状が悪化すると治りにくくなってしまうそうなので、違和感を感じたら
早めに診察してもらうなど、きちんと対処することが重要なようです。

----電話代行なら株式会社シンフォネット------