お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>>動けるのであれば試してみるとよいかもしれません。

動けるのであれば試してみるとよいかもしれません。

腰痛もちでもそうでなくても、重いものなどを持ち上げたり急に動いたりすると
突如腰に強い痛みを覚え、動けなくなってしまう、俗に言うぎっくり腰になる事があります。

正式なお名前は急性腰痛症といいますが、これになってしまうと脱臼と同様、
癖になってしまって何回も繰り返したり、そこの箇所をかばうあまりに
別の部分を傷めるなどの弊害も出てきます。

たまに、ぎっくり腰だとおもったら、
椎間板ヘルニアや圧迫骨折など、悪い病気が隠れている場合がありますので
ぎっくり腰になったら念のため病院にいって検査してもらうのがベストです。

ぎっくり腰の痛みを和らげるのによい体勢はまずは4つんばい、次に
なんと正座だそうです。いすに座っているよりは腰に負担がかからないからだそうで
運悪く職場や外出先でぎっくり腰になってしまって、4つんばいは恥ずかしいという方は
なんとかがんばって無理しない程度に正座になってみましょう。
あ、もちろん救急車などで助けを呼んで病院に行く事も忘れずに。

ただ、あくまで、動けるのであればという前提ですので動けないのでしたら
無理に動くのは禁物です。

病院にいきましたらヘルニアや骨折と診断されない限りは
湿布薬や痛み止めをもらえますので、2・3日安静にしてください。

日本人ではだいたい10人に8人が、腰に痛みなど何らかの症状を
抱えているという統計がでています。
腰痛を和らげたり解消するストレッチもありますので
皆さんもすわりっぱなしの激務が続いた日には、試してみてはいかがでしょうか。

----電話代行なら株式会社シンフォネット-----