お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>>日本人だと5歳くらいの体重です。

日本人だと5歳くらいの体重です。

日本の赤ちゃんが生まれたときの平均的な重さは3000グラムで
2500を切るようですと低体重児として検査や治療を受けることがあります。
反対に4000グラム以上になるに巨大児として検査や治療を受けることがあります。

さて、海外ではたまにすごく大きな赤ちゃんが生まれて話題になることがあります。
これまで一番大きかった赤ちゃんは10キロだったと思いますが
オーストラリアではなんと体重が18キロの赤ちゃんが生まれたそうです。
ちなみに18キロは日本人基準ですと4歳か5歳くらいの大きさです。
お母さんのほうもなんと、272キロも体重があるそうで
それだけ大きければそりゃ大きい子も生まれるわ、と思ってしまいました。
巨大児の場合、生まれたときの障碍や合併症などが心配されますが、
今のところ合併症などの心配は無く、母子ともに健康だとのことです。

と、ここまで書いたところで実はこのニュースは嘘だったそうです。
海外ではたまにこんなドッキリニュースが報道されているようです。
すっかり騙されてしまいました。

なお、海外、特に欧米では妊娠出産は基本日帰りで、無痛分娩が普通です。
もちろん定期健診は受けますが、陣痛がはじまったら病院に行って出産、
ちょっと休んで、母子ともに異常が見当たらなければ帰宅という方針だそうです。
さすがに体格や骨格から違う日本で同じことができるとは思いませんが、
無痛分娩はもう少し取り扱ってくれる産院さんが増えるといいなと思っています。

-----電話代行なら株式会社シンフォネット------