お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>>先に結論から相手に伝えたほうがいいお電話とは?

先に結論から相手に伝えたほうがいいお電話とは?

ビジネスのお話をするときに、
あえて結論から相手に伝えることがあります。
さまざまな理由を述べたり原因を話すよりもそのほうがいいといわれているためです。
ではどんな時に結論から相手に伝える必要があるのでしょうか?

電話に限らず、お客様や取引先とやり取りをしている時に
「結論からいいますと...」と始める場合があります。
例えば、いただいた電話の内容で、お客様との交渉が必要な時、
なるべく話を簡潔に伝えたい時に使うことが多いようです。

相手に一番伝えたいことや、相手が一番知りたいことを先に伝える事で
次に話す内容をわかりやすく的確に伝えることができます。
そうしないと、結局何を伝えたかったのかがわからなくなってしまい、
お客様にもうまく伝わらなくなってしまうからです。

結論を先に述べて、その後で、理由や原因を話すことは、相手への気遣いでもあります。
また、その原因などを説明する時にも、先に結論が出ているからこそ、
「どうしてそうなっているのか」が分かるようになり、安心感と心の余裕も生まれます。

複雑で、長くなりそうなお話を相手に伝える時は、簡潔に結論から伝える事で
相手にも伝わりやすくなり、もっと電話対応の幅が広がるのではないでしょうか。
言い回しを間違えてしまうと、雑な対応、と取られてしまうこともありますので
気をつけてください。