お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>>会社にかかってきた、社長あてのお電話を取り次ぐ前に

会社にかかってきた、社長あてのお電話を取り次ぐ前に

会社の電話に取引先から「社長に電話を代わって欲しい」とかかってきた時、
あなたはどう対応していますか?
慌てて「すぐに代わります」なんて伝えてしまっていませんか?
社長あてにお電話がかかってきた時は、まずは社長に電話に出るかの確認が必要なのです。

電話の対応をしていると、社長あてに電話がかかってくることもあります。
社長あてのお電話という事は、相手も別の会社の社長やオーナーなどになり、
つい、慌ててしまう人も多いのではないでしょうか。

社長あてにお電話がかかってきた時は、「確認してまいりますので少々お待ちください」と
取引先に告げて、一度電話を保留にします。
それから、社長に「〇〇会社の〇〇社長よりお電話ですが、いかがなさいますか?」と伝えます。
「すぐに電話に出るよ」といわれる場合もあれば、
「今は忙しいから後でかけなおすと伝えておいて」といわれる場合もあります。

社長は忙しくやらなくてはいけないことがたくさんあります。
だからこそ、時には資料を用意する時間が欲しいなど、
すぐには電話に出られない様々な事情があるのです。
それなのに確認をしないで「すぐに代わります」と答えてしまうと、
社長がすぐに電話に出なければいけなくなってしまいます。
これは、親切な電話対応とはいえませんよね。
ちょっとした気遣いが電話対応の技術を上げるコツです。