お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>電話の便乗はお客様に確認してから

電話の便乗はお客様に確認してから

電話をかけようと思っていた時に、
そのお客様からタイミングよく電話がかかってくることもあります。
その時に、ついでに聞いてしまってもいいのかな?と迷った経験があります。
先輩から「電話の便乗はなるべくしないのがマナー」と教えられていたこともあり、
お客様に用件があっても、一旦電話はかけ直すべきだと考えていました。

確かに電話で便乗するのはよいことではなく、
できるだけかけ直すのがマナーだと言われています。
しかし、お客様によっては何度も電話を取る手間を考えたら
できるだけ一度で済ませて欲しいと思っていることもあります。
もし一度で済ませたいと思った場合は
「頂戴したお電話で恐縮ですが、少しだけお時間をいただいてもよろしいでしょうか」
と一言断ってから、用件を伝えるようにします。

「今は急いでいるので、後ほどお願いできますでしょうか」
と言われてしまった場合は、
「かしこまりました、後ほどあらためて掛け直します」と伝え、
お客様に不快感を与えないように注意します。
もしかしたら確認後、すぐに取り掛かる用件があるのかもしれません。
無理に用件を伝えようとせず相手の予定に対して配慮することが大切です。

電話の便乗はあくまでもお客様が快諾してくれたときのみにしましょう。