お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>>電話のコール数によって第一声を使い分けましょう。

電話のコール数によって第一声を使い分けましょう。

電話に出る時に、それまでに電話のコールが
どれくらい鳴っていたか数えていますでしょうか?
一般的には3コール以内に出るのがマナーだと言われていますが、
仕事に追われていて手が離せないときや人が少ない時は
どんなに気を付けていても3コール以内で取るのは難しいこともあります。

電話でのコール数については目安として、
1~3コールのときはそのまま「お電話ありがとうございます」、
4コール以上は「大変おまたせいたしました」というように
回数によって使い分けると良いかと思います。

また、席を外していて、帰ってきたら電話が鳴っていたなど、
それまで何回電話が鳴っていたのかわからないときは、
「大変おまたせいたしました」で統一しておけば、
お客様に不快な気持ちを与えることはありません。

ただ、これらの言葉を言えばいいだけになってしまっていると、
言葉にしていても気持ちが伝わらなくなってしまいます。
お客様を待たせてしまったことに対してのお詫びなのですから、
気持ちを込めて伝えることが大切です。

電話のコール数について慣れないと戸惑うこともありますが、
気持ちがこもっていることも大切なことだと思います。