お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>保留にする前の対応で待ち時間の印象が変わります。

保留にする前の対応で待ち時間の印象が変わります。

お客様から電話がかかってきて担当者に電話を変わるときや、
資料を確認しないと答えられない質問をうけたときに
一度電話を保留にすることがあります。
電話では極力お客様をお待たせしないのはマナーですが、
どうしても、というときもありますし、待たせること自体は悪いことではありません。

ただし資料を調べてみてもわからず、
30秒以上の時間がかかりそうな内容のときは、
「こちらから折り返します」と伝えます。
担当者が電話にでないときは
「もう少しお時間をいただいてしまいそうなのですが」など、
その都度お客様に対してお声がけをするのはマナーです。
一番悪いのは「お客様を放置してしまうこと」です。

そんな待ち時間でも「気持ちよく待てること」もあれば
「イライラしながら待つこと」もあります。
その違いは保留にする前の電話対応がどれだけ丁寧だったのか?の違いです。
「担当者に電話を変わりますので、少々お待ちいただけますでしょうか」
と言われて保留になるのと、
「少々お待ち下さい」だけで保留になるのでは、全然印象が変わります。

電話は1回の対応すべてが流れ作業のように進んでいきます。
どこかでミスをすれば後がつかえてしまいますので、
担当者じゃないから適当な対応をしても問題ないなんてことはないのです。