お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>>社員が不在の時は居場所を勝手に教えないようにしましょう

社員が不在の時は居場所を勝手に教えないようにしましょう

取引先のお客様から弊社の営業宛に、問い合わせの電話がかかってくることがあります。
大抵は営業さんの携帯に電話をかけたものの、営業さんが出なかった場合や、
営業さんの電話番号がわからなくなってしまったなど、何か事情があるケースです。
とはいえ、「営業の佐藤さんいる?」と聞かれたことに対して
「営業の佐藤は本日○○方面の営業に出ています」と答えてしまうと、
企業の大切な情報を勝手に話していることになります。

また取引先によっては「○○方面ならうちに顔出すようにお願いできないかな?」
なんていわれてしまうこともあります。
特に電話の相手が重要な取引先だった場合断りにくい状況になります。
営業さんがどんな仕事で外出しているのかはわかりませんので、
社内の人間の情報を勝手に話すのはNGです。
「佐藤は外出中です。確認して佐藤より折り返しご連絡いたします」
で問題ありません。

取引先だとできるだけ詳細に伝えたほうがいいような気がしてしまいます。
でも、なんでも話したほうが親切かというとそういうわけではありません。
状況や相手に応じて伝える内容を変える必要があります。
場所もそうですが、個人情報も極力伝えないこと、
基本的には本人から伝えてもらうのがマナーです。