お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>相手や状況にあったあいづちを打てるにしましょう。

相手や状況にあったあいづちを打てるにしましょう。

電話でお客様とお話をしているときに、
つい「そうなんですね」とあいづちを打ってしまうことがあります。
あいづちはお客様が伝えたいことや言葉を引き出す為にも
必要な手段ではありますが、「そうなんですね」では正しい対応とはいえません。

特に初めてお話するお客様に対して「そうなんですね」と
あいづちを打つのは、カジュアル過ぎる対応になってしまいます。
初対面の相手からいきなり話の途中に「そうなんですね」
と言われる立場になって考えてみると、あまり気持ちのいい返しとはいえませんよね。

初対面の人や目上の人に対してあいづちを打つときは
「さようでございますか」のほうが丁寧な対応といえるのではないでしょうか。
お話をしているうえであいづちは必要なものですので、
使う相手や状況にあったあいづちを打てるように気をつけていかなくてはいけません。

電話ではできる限り丁寧な対応を心がけるようにしたいと思います。
自分がお客様の立場になったときにされて嬉しい対応はもちろん、
言葉の言い回しやあいづちなど失礼のない対応を心掛けたいです。
また日頃から「そうなんですね」を使っていると、無意識のうちに使ってしまうので、
日頃からの言葉遣いにも気をつけたいと思います。