お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>伝言不要のお電話でも担当者には伝えるようにしましょう。

伝言不要のお電話でも担当者には伝えるようにしましょう。

席にいない人あての電話がかかってきて、「今席を外しています」と伝えたところ、
「それならいいです」とお返事をいただくことがあります。
お客様が折り返しもかけ直すともいっていない以上、
担当者に電話があった事を伝えるべきか迷います。
戻ってきた担当者も忙しそうだし、余計な手間や時間も使わせたくないと
そのままにしてしまう人もいます。

ただ、本当に電話があった事を伝えないのが正解なのかと考えてみると、
もしかしたらお客様の気遣いで「いいです」と
言ってくれているのかもしれませんし、
担当者にとっては重要なお客様かもしれません。
また、二度目の電話がかかってきたときに、
「先程はお電話に出られず申し訳ございません。」と
一言伝えたほうが、お客様から見た時の印象も良くなります。

「いいです」といわれたとしても、電話を出た以上
担当者に電話をつなぐまでが仕事です。
必ず担当者に伝えてあとの対応をお願いするようにしたいものです。
電話では担当者の代わりだから適当な対応でいいなんてこともありませんし、
むしろ今まで以上に責任を持った対応を求められます。

「伝言不要だから必要ない」と判断しないこと、
当事者にとっては大事な電話かもしれないと考えて
必ず伝えるようにしたいものですね