お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>>よく使いがちな「~の形」は間違い

よく使いがちな「~の形」は間違い

日常生活のちょっとしたときに「~の形になります」や、
「~していただく形になります」など
何かを説明するときに「形」とつけて話すことがあります。
意外と耳にする機会も多いので正しい言葉の表現だと思ってしまい、
電話対応でもよく聞く表現の一つです。

一見丁寧な言葉づかいに聞こえるので敬語のつもりで使っている人もいるかもしれません。
電話でも丁寧な人が使うことも多く
「あ、この人は間違えた敬語を使っているな」と思ってしまいます。
電話は声だけの接客になるので、ちょっとした言葉の言い回しや間違えた表現をしていると、
直接会って話すときよりも強く印象に残ってしまいます。

どうして「~の形」が違うのかというと、「形のないものに使っている」ことにあります。
無形なものにわざわざ形をつけることによって正しくない日本語になってしまっているのです。
形を表現するような内容の会話であれば間違えていないのですが、
形のないものにつけるのはよく考えてみると違和感がありますね。

普段使っている言葉だから正しいと思い使ってしまうのでは、正しい電話対応とはいえません。
言葉の意味や使い方を考えたうえで、正しく使うことが電話には重要だと感じました。