お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>>「お時間を頂戴して申し訳ありません」の使い方

「お時間を頂戴して申し訳ありません」の使い方

電話で「お時間を頂戴して申し訳ありません」と使うことがあります。
正直この仕事を始めるまでお客様のお時間をいただいているという感覚がわからず、
どんなときに使うのが正しいフレーズなのか戸惑ったこともあります。

でも、このフレーズを言われるお客様側の立場になると
「丁寧な対応だな」と感じたり「きちんと配慮してくれているんだな」と
嬉しい気持ちになります。
お客様の時間を削ってまでわざわざ電話をかけてくれていると考えると、
本来であれば感謝の気持ちを伝えるべきなのかなとも感じます。

例えば
・自分の用件でお客様にかけた電話を切るとき
・お客様をお待たせしてしまいご迷惑をおかけしてしまったとき
などに自然とお客様に伝えられると嫌味もありませんよね。

電話では、お客様に対してのちょっとした気遣いが
正しくできるかどうかによっても変わるのではないかなと感じます。
直接顔を見てお話できるわけではないものの、
感謝の気持ちを伝えたいと思えば電話だって十分に伝えられるのではないでしょうか。

「お時間を頂戴してしまい申し訳ありません」も、お客様に対しての気遣いの言葉だと思います。
ただし使う場面を間違えてしまうと意味がないので、正しく伝えていきたいです。