お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

インフォメーションブログ

月額5,000円の電話代行月額5,000円の電話代行
月額800円の電話転送

毎日の仕事の大切な電話だから、感じの良い受け答えをしてほしい。そんなお客様のためのなごみ系電話代行サービスです。温かさがお客様の手に届くようなサービスを心がけております。※表示価格は税抜きとなっております。

別サービスの電話転送はこちら
株式会社シンフォネットTop>>ですが、しかしなどの否定的な言葉は使わないようにしましょう。

ですが、しかしなどの否定的な言葉は使わないようにしましょう。

電話が相手の顔が見えない分、感情が伝わりにくいと言われています。
といっても...と懸念する人もいるかもしれませんが、
相手を否定したつもりで話しているわけではないのに、誤解を招いてしまうこともあります。
電話では顔が見えないからこそ使わないほうがいい言葉があります。
それは「ですが」「しかし」「でも」などの否定の言葉です。

対面で話しているときよりも強く否定しているように聞こえてしまい、
なかには不快感を示す人もいます。
自分の意見を全面的に否定されているような気持ちになってしまう人もいるのです。
もしこれらの言葉が出てきてしまいそうなときは、
「さようでございますか」と相づちの言葉を入れると柔らかい印象になります。

日本語はちょっとした言い回しによっても聞こえ方が変わってしまいます。
否定したつもりがないのに、お客様には否定されていると感じてしまうこともあります。
何度も話したことのある相手だとか、新規のお客様などは一切関係ありません。

人によっても言葉の捉え方は違います。
例えば同じ言葉でも少し気持ちが落ち込んでいるときに聞くと、
辛いと感じることがあります。
否定を連想させる言葉は電話では使わないようにしましょう。